カロリー露呈の相違

カロリー露呈の相違

カロリー付票の不一致
最近は料理にカロリー付票があるので、注文するときにカロリーをチェックするようにしてください。

 

外食以外にもスーパーマーケットやコンビニでにおける対応夕食札に表示されている「栄養素」は、健康進展法という条例の「栄養分付票設定構造」にて記載されています。

 

クオリティーや料理方法の隔たりなどでもカロリーのかさは変動してしまう。そのため、こういう設定では「±20百分比までの付票不一致」が認められているのです。

 

よくあるのは、食堂の料理の記載では「500カロリー」となっていても、じつは600カロリーです予想はあります。

 

「±20百分比までの付票不一致」が認められているので、付票上の悪業もないのです。カロリーの付票本体、条例あと義務づけられていません。

 

夕食や夕食のカロリー付票の精度探るしかた無いので、最初から付票のカロリーから2割増としておくとカロリーオーバーすることは少なくなります。

 

グルコバイ窓口へ